中東の要約記事を毎分お届け配信中!

シャルジャのアパート火災:パキスタンの子供たちが今日、病院から退院予定

サイトを見る

パキスタンの子供たちが火事から回復し、退院予定

シャルジャのアパートでの火事の後、9歳のアスマ・イムラン・カーンと6歳のアフマド・イムラン・カーンの2人のパキスタンの子供たちが、母親と一緒に集中治療室(ICU)に入院しましたが、良好な回復を遂げ、今日(金曜日)退院する予定です。

しかし、母親のファティマ・イムラン・カーンはまだ治療中で、アル・カシミ病院シャルジャで意識不明の状態です。

火事で父親と娘が亡くなる

木曜日の早朝、シャルジャの火事で父親のイムラン・カーンと娘が亡くなるという不幸な事件が起きました。

この家族はラホール出身で、ムウェイレ地区に住んでいました。

パキスタン総領事館のチームが病院を訪問

パキスタンのドバイ総領事館のチームが、コミュニティウェルフェアアタッシェのイムラン・シャヒド氏をリーダーとして、アル・カシミ病院シャルジャを訪れ、医師とイムラン・カーンの義兄弟であるザヒール氏と会いました。

子供たちは保護部門に引き渡される

回復後、子供たちはシャルジャの児童保護部門に引き渡され、この総領事館との協議に基づいて手続きを完了した後、親族に引き渡される予定です。亡くなった人々の遺体はラホールに送られ、埋葬されます。

関係当局に対して迅速な報告書の発行を要請

訪問チームは、病院、警察、法科学部門の関係当局に対して、必要な医療報告書の発行を迅速化し、できるだけ早く死亡通知書を発行するよう要請しました。

UAEには170万人のパキスタン人が在住

現在、UAEには170万人のパキスタン国籍の人々が生活・勤務しています。南アジアの人々はUAEで2番目に大きなコミュニティであり、現地経済への重要な貢献者であり、自国への送金も大きな役割を果たしています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です