中東の要約記事を毎分お届け配信中!

シティグループ、2万人の雇用削減を発表、1.8億ドルの損失を記録した「失望の四半期」

サイトを見る

シティグループ、2年間で2万人の雇用削減を発表

シティグループは、1.8億ドルの損失を出した「明らかに失望すべき」四半期を認め、次の2年間で2万人の雇用を削減すると発表しました。銀行の株価は1%以上上昇しています。

シティグループのCEOであるジェーン・フレーザーは、アナリストに対して「第4四半期は非常に失望すべきものでした。2024年が重要であることはわかっています」と述べました。シティグループは、2026年までに従業員数の約8%にあたる2万人を削減する予定であり、メキシコの消費者部門であるバナメックスをスピンオフし上場させる際には、4万人の雇用もカウントしなくなると述べました。

シティグループの収益は、一時的な費用を除いた場合には強いものであるとの意見もあります。しかし、1.8億ドルの損失は、再編費用や通貨の減価償却、アルゼンチンとロシアの不安定性に関連する予備金、政府の預金保険基金への17億ドルの支払いなどが原因です。

シティグループは、従業員削減による収益成長への影響はないと述べています。また、1月22日の週にはさらなる組織変更を発表する予定であり、構造の簡素化により、約5000人の管理職を含む約1億ドルの節約が見込まれています。

シティグループの収益は、前年同期比で3%減の174億ドルとなりました。市場部門の収益は、金利や為替市場の低迷からくる固定収益の減少により、前年同期比で19%減の34億ドルとなりました。一方、銀行業務の収益は、企業向け融資の減少に対して、債券市場やアドバイザリー業務の収益が増加し、前年同期比で22%増の9億4900万ドルとなりました。米国の個人向け銀行業務では、小売銀行やクレジットカードが好調であり、前年同期比で12%増の49億ドルとなりました。

ただし、消費者は負債不良ローンに対する損失をカバーするためにより多くの資金を確保する必要があるため、シティグループは懸念の兆候を示しています。シティグループの再編は長い間待たれていたものであり、「この再編を実行することができるのか」という疑問が残っています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です