中東の要約記事を毎分お届け配信中!

サリクとドバイタクシーに続き、新設されたパーキンはIPOを次に発表する可能性があると専門家が述べる

サイトを見る

ドバイの新会社Parkin、IPOを検討

ドバイの新たに設立された会社Parkinは、エミレート内の公共および私設駐車場の創設、計画、設計、運営、管理を行う予定であり、アナリストによれば、この会社は「多くの注目と関心」を集めるであろうIPO(新規株式公開)を行う可能性が高いとされています。

XTB Menaのシニアマーケットアナリストであるハニ・アブアグラ氏は、Parkinの設立はIPOに向けた一歩であると述べています。ドバイ当局は、多様性、流動性、取引量の観点で地元の株式市場の発展に非常に熱心であるためです。

ParkinのIPOは、ドバイタクシーや類似の成功例に続くものとなり、同様の資金を調達する可能性があります。

IPOへの強い需要

Parkinの前に、政府は料金徴収業者Salikとドバイタクシーを分離し、IPOを通じて株式を売却しました。これは、ドバイ金融市場に10の公共部門企業を上場させ、市場の時価総額を3兆ディルハムに引き上げるという発表の一環でした。

SalikとドバイタクシーのIPOは、機関投資家と個人投資家の両方から強い反応を受け、大幅な過剰需要が記録されました。

評価

2023年12月にRTAが公表した最新データによると、ドバイには約125,719の駐車場があり、A、B、C、D地域の駐車場の1時間あたりの料金はそれぞれ3ディルハム、4ディルハム、2ディルハム、2ディルハムです。

したがって、Parkinの年間収益は約13.57億ディルハムになると予想されます。これに対して、Salikの年間収益は約20.36億ディルハムであり、そのうち約10億ディルハム(収益の約50%)が調達されました。したがって、Parkinの評価額は約6.5億ディルハムから7億ディルハムになると予想されます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です