中東の要約記事を毎分お届け配信中!

サウジアラビア、2024年の資金需要を230億ドルと試算

サイトを見る

サウジアラビア、2024年に約860億リヤルの資金需要を見込む

サウジアラビアの国債管理センター(NDMC)は、財務大臣モハメド・アル・ジャダーンが承認した借入計画によると、同国は2024年に約860億リヤル(229.3億ドル)の資金需要があると推定している。

世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは、原油生産量の減少と世界的な価格の低下により、昨年の予想された820億リヤルの赤字よりもわずかに小さい、2024年の予算赤字を79億リヤルと予測している。

しかし、経済変革プログラムであるVision 2030の実施を担当する政府は、国内の成長を促進し非石油GDPを支援するため、今後数年間で支出を増やす予定だ。

NDMCによると、借入計画は予算赤字の資金調達や将来の債務償還、国の負債管理戦略の一環として市場を積極的に活用することを目的としている。

「さらに、(借入計画は)経済成長を促進する開発やインフラプロジェクトの資金調達など、代替的な政府の資金調達活動を実行するために市場の機会を活用することに取り組んでいます」とNDMCは述べている。

政府は、公的債務が2024年末までにGDPの約26%に相当する1,115億リヤルに達すると述べている。

サウジアラビアは、石油・ガス以外の経済の多様化に多額の投資を行っており、強い国内需要が昨年の非石油活動の成長と勢いを牽引し、全体の成長を上回った。

しかし、国は公共財政を支えるために依然として炭化水素収入に頼っている。

サウジアラビアは2023年1月に100億ドルの3部構成債を発行し、その後、5月に60億ドルのイスラム債を発行した。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です