中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ケララ州で野生の象によって殺された男性の遺族に対して100万ルピーの補償金と雇用を提供

サイトを見る

ケララ州政府、野生の象による死亡事故の被害者家族に補償金と雇用を提供

ケララ州政府は、土曜日に野生の象に踏みつけられて死亡した男性の遺族に対し、100万ルピーの補償金と雇用を提供すると発表しました。地元住民の大規模な抗議活動に続いての措置です。

ケララ州林業大臣、冷静な対応を呼びかけ

ケララ州林業大臣のA. K. サシンドランは、報道陣に対して、最も不運な事件で人命が失われたことに対し、感情を冷静にする必要があると述べました。

被害者の身元特定、抗議活動の様子

被害者は42歳のタクシードライバー、アジーシュと特定されています。事件は午前7時頃、マナンタヴァディ近くで発生しました。事件後、怒った人々が道路を封鎖し、SPの車両の進行を阻止しました。SPはアジーシュの遺体が保管されているマナンタヴァディ医科大学に向かっていましたが、地元の人々によって徒歩で医科大学まで連れて行かれました。

地元住民の抗議活動

地元住民は、野生動物から人々を守るために「失敗した」として地元の立法者に対して抗議活動を行っています。

野生の象の鎖

情報筋によると、野生の象はカルナータカ州の森林職員によって装着された無線カラーを持っていましたが、その象はケララ州の森林に越境し、マナタヴァディ地域に入り込んできました。

野生の象の鎮静化と森林への帰還

ケララ州林業部は、野生の象を鎮静化し、その後、深い森に放す措置を取ることを決定しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です