中東の要約記事を毎分お届け配信中!

クレジットカードの支払いを月々の分割払いに変換する:助けになる場合とならない場合

サイトを見る

クレジットカードの分割払いは賢明な選択肢か?

一部のカード発行会社では、選択した購入品や未払いの請求金額を均等な月々の分割払い(EMI)で支払うオプションを提供しています。大きな取引後に銀行からEMIオプションを提供されることもあります。しかし、頻繁に利用することは賢明な選択肢なのでしょうか、それともクレジットトラップなのでしょうか。

分割払いの仕組み

クレジットカードの分割払いは、購入した商品に対して月々の支払いを行う支払いプランです。クレジットカードの一括現金支払いではなく、特定の月数にわたって均等な金額で支払います。

クレジットカードの分割払いプランは管理しやすいか?

最大5つの取引に対して簡単に分割払いプランを設定することができます。また、クレジットカード間の残高移行のための分割払いプランも設定することができます。12、18、24、36、または48回の分割払い(EMI)から選択することができ、これらはカードの明細書に含まれます。

クレジットカードの分割払いオプションを利用するタイミングは?

分割払いを選択する際に考慮すべき重要な点は、クレジットカードの利用可能枠がEMI分で減少し、残りの利用枠しか使用できないことです。また、EMIの支払いは期限内に行われる必要があります。遅延すると高い金利が発生する可能性があります。

クレジットカードの分割払いには手数料がかかるか?

クレジットカードの支払いをEMIで行う場合、変換手数料が変換される金額の一定割合となります。ただし、無利子のEMIオファーを利用する場合は、通常手数料はかかりません。

クレジットカードの分割払いプランの対象条件は?

クレジットカードの支払いをEMIにするためには、クレジット限度額が変換する金額をカバーするだけの余裕が必要です。限度額が不足している場合はEMIに変換することはできず、リクエストは拒否されます。また、クレジットカード発行会社との提携がない場合や、クレジットスコアの基準を満たしていない場合には、小売業者がカードのEMIオプションを拒否することもあります。

クレジットカードの分割払いは信用スコアに影響するか?

クレジットカードの未払い金をEMIに変換しても、信用スコアには影響しません。ただし、毎月クレジットカードの未払い金を定時に支払うことは、長期的には信用スコアを向上または維持するのに役立ちます。

まとめ

クレジットカードの取引をEMIに変換することで、大きな購入を行う際に財政的な負担を軽減することができます。EMIは一括請求書支払いよりも返済が容易であり、遅延支払いや罰金のリスクもなくなります。ただし、クレジットカード発行会社がEMIオプションを許可しているか、どのようなオファーが利用可能かによって、クレジットカードの購入を分割払いにするかどうかを検討する必要があります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です