中東の要約記事を毎分お届け配信中!

キャミラ女王、チャールズ王の不在時に公的な活動を行う

サイトを見る

キャミラ女王、手術から回復中のチャールズ王とケイト王妃の代わりに公務を担当

チャールズ王(75歳)は前立腺の手術のために3泊の入院を経て、月曜日に退院しました。一方、ケイト王妃(42歳)も同じ私立クリニックで腹部手術を受け、現在は夫のウィリアム王子と3人の子供と一緒に自宅で過ごしています。

チャールズ王とケイト王妃が休養と回復に数週間を要する中、76歳の女王が公務の負担を大部分引き受けることになりました。また、王位継承者であるウィリアム王子(41歳)も妻の世話をするため、短期間ではありますがより大きな役割を果たすことになります。

チャールズ王の回復には最大で1か月かかると報道されており、ケイト王妃は少なくとも3月31日のイースターまで行動不能とされています。ケイト王妃の入院の理由は明らかにされていませんが、がんとは関係ないと発表されています。

キャミラはチャールズ王の入院中、忙しいスケジュールにもかかわらず毎日彼を訪問しました。火曜日にはウィンザー城で、クイーン・メアリーのドールハウスの100周年を祝うために、作家、イラストレーター、装丁師たちによるミニチュアブックのコレクションに関するレセプションを開催しました。

今週、キャミラは2つのロンドン外でのイベントを含む3つの公務があります。一方、エドワード王子は先週、アンゴラの西にあるイギリスの海外領土、セントヘレナ島で4日間過ごしました。彼は新しい国際空港の落成式に出席し、木を植え、191歳のジョナサンという名前の巨大ゾウガメと会いました。

王室のメンバーの中で最も人気のある「働く王族」はウィリアム王子で、最近のYouGovの調査によると、好意的な意見の割合は68%です。次に人気のあるのはアン王女で67%、ケイト王妃は63%です。チャールズ王は51%で6位、エドワード王子は42%、キャミラは41%です。

最近の年齢のせいで、公務を担当する王室のメンバーの数は減少しています。チャールズ王の次男であるハリー王子と彼の妻メーガンは2020年初めに王室生活を辞め、カリフォルニアに移住しました。また、チャールズ王のもう一人の兄弟であるアンドリュー王子は、2019年以来、故ジェフリー・エプスタインとの友情による騒動のために脇に追いやられています。

年齢のせいで他のメンバーも衰えており、故エリザベス2世の従兄であるグロスター公リチャード王子(79歳)と彼の妻ビルギッテ(77歳)もその一例です。また、故女王の他の従兄であるアレクサンドラ王女とケント公エドワード王子もそれぞれ87歳と88歳で、ますます虚弱に見えます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です