中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ガザの保健省、イスラエルによる救援待ちの20人の死亡を報告

サイトを見る

イスラエル軍がガザ市郊外で人道支援を待っていた20人を殺害

ハマスが統治するガザで、保健省はイスラエル軍が木曜日にガザ市郊外で人道支援物資の配布を待っていた20人を殺害したと発表しました。

保健省の報道官アシュラフ・アル・クドラは、「イスラエルの占領軍は、クウェート交差点で人道支援を待っていた何千人もの飢えた人々に対して新たな虐殺を行い、20人が殉職し、150人が負傷した」と述べました。

ハマスが「恐ろしい戦争犯罪」と非難

ハマスは別の声明で、この事件は「恐ろしい戦争犯罪」だと主張しました。

「イスラエル軍は、人道支援を受け取るために待っていた市民の集まりを故意に直接爆撃しました」と述べました。

イスラム教聖戦組織が「砲弾とミサイル」によって殺害されたと主張

パレスチナの武装組織であるイスラム教聖戦組織は、「砲弾とミサイル」によって殺害されたと主張しましたが、AFPは独立して確認することができませんでした。

イスラエル軍はコメントを控える

イスラエル軍はAFPのコメント要請に直ちに応じませんでした。

目撃者によると、イスラエル軍によって標的にされたと証言

AFPによると、目撃者はイスラエル軍によって標的にされたと証言しました。

「人々は食べるものが何もなかったので、食料や小麦粉を取りに行っていました。突然、戦車が現れ、人々に砲弾を撃ち始め、彼らはバラバラになりました」と、負傷者の叔父であるアブ・アタ・バサルはAFPに語りました。

「私たちは小麦粉を取りに行っていたのですが、彼らは4回も砲撃し、何人かが殉職し、負傷しました」と、手と足に負傷したモハメッド・アル・リフィは述べました。

犠牲者はガザ市のアル・シファ病院に運ばれる

犠牲者はガザ市のアル・シファ病院に運ばれ、AFPの記者によれば、床に横たわる遺体が見えました。

多くの人々が負傷者の周りに集まり、床に血のプールができていました。

イスラエルの攻撃で少なくとも25,700人が死亡

イスラエルの攻撃によって、少なくとも25,700人が死亡し、そのうち70%が女性と子供です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です