中東の要約記事を毎分お届け配信中!

ガザに閉じ込められたティーンの家族がイギリスに助けを求め、再会を願う

サイトを見る

パレスチナのティーンエイジャーがイギリスへの入国を求める

ガザに閉じ込められているパレスチナのティーンエイジャーの家族は、イギリス政府に彼のイギリスへの入国を許可するように求めました。イギリス政府は、彼の緊急の法的な挑戦に対する反対を最後の瞬間に取り下げたためです。

18歳の彼は、イギリスの外務省が彼の名前を避難リストに載せることを拒否したことに対して異議を唱えており、これにより彼はラファーのエジプトへの国境越えを通じてガザを出ることができました。

彼はまた、イギリスの内務省が新しい生体情報を提供せずに入国許可を拒否したことにも異議を唱えており、これはエジプトでのみ行うことができました。

googleoff: index googleon: index

イスラエル・ハマス戦争が始まったとき、BSOの両親はイギリスの他の子供たちを訪れており、BSOはガザにいたため、彼は閉じ込められてしまいました。

両政府の省庁はこの事件を弁護していましたが、水曜日のロンドン高等裁判所での審理直前に反対を取り下げ、再び決定を下すことに同意しました。

BSOの兄弟の一人は、彼らは喜んでいるが、彼らは「公式からはあまり共感を感じていない」とまだ心配していると記者に語りました。彼らは「官僚的な技術的な問題にこだわっていた」と述べました。

彼は、彼の兄弟が一時的に家を失い、現在はイスラエルが新たな地上攻撃を脅迫しているラファーに滞在していると述べました。

「私はこれらの状況がかなり深刻だと思い、どのように助けを求める方法を見つけようとする理性的な人物を期待しています」とBSOの兄弟は述べました。

外務省と内務省は、コメントの要請に直ちに応じませんでした。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です