中東の要約記事を毎分お届け配信中!

カリム・ベンゼマがフランスの大臣に対して名誉毀損の告訴を提起

サイトを見る

ベンゼマがフランスの内務大臣に対して名誉毀損で告訴

ベンゼマは、フランスの内務大臣であるジェラール・ダルマンが昨年、元レアル・マドリードのスター選手が「ムスリム同胞団」との「顕著な」関係を持っていると発言したことに対して、名誉毀損で告訴を行いました。

ダルマンは、フランスの大統領選に立候補を目指す強硬な右派であり、ベンゼマが2022年のバロンドール受賞者であることを受けて、彼がX(以前のTwitter)でガザの住民を支持する投稿をしたことに対して批判しました。ベンゼマは、ガザの住民が10月7日の血なまぐさいハマスの攻撃に対する報復としてイスラエルによる「不当な爆撃」の被害者であると主張していました。

ベンゼマの告訴状によると、ダルマンの発言は彼の名誉と評判を「傷つける」としています。ベンゼマは、サウジアラビアのクラブでプレーし、ムスリムである彼自身は「ムスリム同胞団」との「わずかな関係も、それを主張する人物との知識も一切持っていない」と述べています。

彼はさらに、「私の知名度のために、私が政治的なゲームに利用されていることを認識しています。10月7日以降の悲劇的な出来事は、このような発言とはまったく異なるものを必要としているので、それはより一層スキャンダラスです」と付け加えました。

ダルマンは10月に、「ベンゼマには何の問題もない」と述べましたが、彼がハマスの攻撃で殺されたイスラエル人や、今月初めにイスラム主義の元生徒によって刺殺されたフランスの教師を支持するツイートをしなかったことについて「驚くべきことだ」と述べました。

ダルマンはまた、ベンゼマがフランス代表で国歌を歌わないことや、ソーシャルネットワークでの「布教活動」にも言及しました。

この告訴は、政府のメンバーが職務を行う中で犯した罪について起訴する権限を持つフランスの裁判所であるCour de justiceに提出されました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です