中東の要約記事を毎分お届け配信中!

エマニュエル・マクロンによって公布された新しいフランスの移民法

サイトを見る

フランス、新たな移民法を公布

フランスのエマニュエル・マクロン大統領の政権は、新たな移民法の正式なテキストを公式ジャーナルに掲載しました。法律の適用に関する最初の指示も既に公務員に提示されています。

法律の成立後、憲法評議会が一部の条項を非難

フランスの憲法評議会は、新たな移民法の86条のうち35条を非難しました。これには、社会福祉へのアクセス制限や移民クォータの導入など、右派が主張した論争のある追加措置も含まれています。

マクロン政権の一部が厳しいバージョンに反対

この法案は、マクロン大統領の2期目の中でも重要な改革の一つと見なされていましたが、彼の派閥の一部はより厳格なバージョンに反対し、議会の約4分の1が反対または棄権しました。

憲法評議会が保持した法案の要素

評議会が保持した最終テキストには、政府が最初に望んだ要素が含まれており、その中には内務大臣ジェラール・ダルマニンの目標の一つである、犯罪者外国人の追放手続きの簡素化が含まれています。

また、業界における不法滞在労働者の正規化に関する条項もテキストに残されました。

右派からの反発

しかし、この決定は右派からの非難を引き起こしました。極右政党「ナショナル・ラリー」のジョルダン・バルデラ党首は、社会メディアプラットフォームXで「裁判官によるクーデターであり、大統領の支持を受けたものだ」と批判し、移民に関する国民投票を求めました。

保守派共和党のエリック・シオッティ党首は、評議会がフランス国民の意思に反してマクロンと共謀していると非難し、「移民を減らしたい」とするフランス国民の意思に反していると述べました。

評議会によって非難された条項の再投票も可能

評議会によって非難された条項のうち、内容に基づいて却下されたのはわずか3つであり、残りは法律の範囲外と見なされたため却下されました。そのため、議会が別の法案の一環として後で再投票することは可能です。

政府に対する要求と撤回の要求

上院の共和党の指導者であるジェラール・ラルシェは、政府に対して「合意に適合するテキストを再提出するように」と要求しました。

極左のLFI党の党首であるマニュエル・ボンパールも、法律の撤回を求め、「憲法評議会が承認したテキストは、国民議会で否決されたテキストと一致しており、正当性がない」と述べました。

追加法案の可能性は低い

しかし、内務大臣のダルマニンは、さらなる法案の可能性について冷水を浴びせ、「行政府はこの問題に関して法案を提出しない」と述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です