中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イーロン・マスクを批判した従業員を不法に解雇したとして、スペースXが告発される

サイトを見る

SpaceXが従業員を不当に解雇したとして告発される

米国労働機関は、CEOのイーロン・マスクに批判的な公開書簡を書いた従業員を不当に解雇し、労働者の活動が監視されている印象を与えたとして、SpaceXを告発しました。

告発内容

全米労働関係委員会(NLRB)のロサンゼルス地域ディレクターは、2022年6月に従業員の書簡が回覧された後の同社の行動に関連する8つの不公正労働行為の告発をまとめた苦情を提出しました。

書簡の内容

書簡では、他の職場の懸念事項とともに、マスクの公の行動について非難し、不適切な行為に対して全員を責任に追い込むよう役員に求めています。マスクの行動には、彼に対するセクシャルハラスメントの告発を軽視するものも含まれており、マスクはこれを否定しています。

解雇と尋問

書簡への関与を理由に、合計9人の従業員が解雇されました。ただし、水曜日の苦情には8人しか含まれていません。また、苦情は、他の従業員に対して書簡について尋問し、従業員が保護された集団的活動が監視されているという印象を与えたとも主張しています。

対応と訴訟の可能性

SpaceXは、この苦情に対する回答期限が1月中旬まであります。苦情はNLRBがこれらの主張を訴訟化し、和解を求めるための最初のステップです。和解が成立しない場合、証言が始まる予定の公聴会は3月5日にロサンゼルスで開催されます。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です