中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イーロン・マスクのニューラリンクが初めて人間の脳にチップを埋め込む

サイトを見る

ニューラリンクが初の脳チップインプラントを実施

ニューラリンクの創業者であるエロン・マスクは、同社の脳チップスタートアップが初めての人間患者にインプラントを行い、患者は順調に回復していると述べました。

有望なニューロンスパイク検出の初期結果

マスクは、月曜日にソーシャルメディアプラットフォームXでの投稿で、「初期結果は有望なニューロンスパイクの検出を示している」と述べました。

脳インプラントの人間試験の承認を受ける

ニューラリンクは、昨年、米国食品医薬品局(FDA)から人間へのインプラントの試験を行うための承認を受けました。ニューラリンクは、麻痺患者のための人間試験の募集にも承認を受けたと述べています。

脳-コンピュータインターフェースの開発

ニューラリンクは、ロボットを使用して脳-コンピュータインターフェース(BCI)インプラントを脳の運動意図を制御する領域に手術的に配置する研究を行っています。初期の目標は、人々が思考だけでコンピュータのカーソルやキーボードを制御できるようにすることです。

テレパシーと呼ばれる最初の製品

ニューラリンクの最初の製品は「テレパシー」と呼ばれるものであり、マスクはXで別の投稿で述べています。

安全性評価のためのワイヤレス脳-コンピュータインターフェースの試験

ニューラリンクのPRIME Studyは、ワイヤレス脳-コンピュータインターフェースの安全性を評価するための試験です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です