中東の要約記事を毎分お届け配信中!

インド:ビハール州で寒波の中で24時間以内に3人の学生が死亡

サイトを見る

ビハール州で寒波の中、3人の児童が亡くなる

ビハール州での厳しい寒波の中、24時間以内に3人の児童が亡くなりました。木曜日に関係者が発表しました。

ラグホ・マジョリ中学校での最初の事件

最初の事件は、ラグホ・マジョリ中学校で発生しました。水曜日にクラス6の生徒であるムハンマド・クルバンさんが学校で具合が悪くなりました。彼はすぐにボチャハ地区の基礎保健センターに運ばれ、夜間の治療中に亡くなりました。

オーランガバードでの2番目の事件

2番目の事件はオーランガバードで発生しました。水曜日の夕方、学校が終わろうとしていたときに、生徒のラジヴィル・クマールさんが嘔吐し、亡くなりました。学校の管理部門はこの事件を確認していません。

ラキサライのカジュラ地区での3番目の事件

3番目の事件はラキサライのカジュラ地区で発生しました。生徒が学校内で具合が悪くなり、嘔吐しました。彼は家に送られ、母親が彼をラキサライの大きな病院かスリヤガルハ地区の病院に入院させるように勧められました。

被害者はラキサライに入院し、水曜日の夜に治療中に亡くなりました。

カジュラのブロック教育官であるランジャナ・クマリさんは、「生徒が学校内で具合が悪くなり、嘔吐したことを知りました。彼は私立病院で治療中に亡くなったと聞きました。彼の死因を確定するために、検視報告書を待っています。」と述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です