中東の要約記事を毎分お届け配信中!

インドが世界第4位の株式市場として香港を追い抜く

サイトを見る

インドの株式市場が香港を抜いて世界第4位に

インドの株式市場が成長の見通しと政策改革により、投資家のお気に入りとなっています。株式市場の時価総額は4兆ドルを超え、世界第4位になりました。インドの株式市場は急成長しており、小売投資家の増加と企業の強力な業績により、中国の代替市場としての地位を確立しています。

香港の株式市場は低迷

一方、香港の株式市場は歴史的な低迷を経験しています。中国の影響力のある企業が上場している香港では、厳しい新型コロナウイルス対策や企業への規制強化、不動産危機、西側との地政学的な緊張が相まって、成長エンジンとしての魅力が低下しています。

中国株は回復の兆しも

一部のストラテジストは、中国株が回復すると予想しています。UBSグループは、中国株のバリュエーションが低下しており、センチメントが変われば大きな上昇余地があると指摘しています。一方、バーンスタインは中国市場の回復を予想し、高値水準と見なしているインド株の利益確定を勧めています。

インドが有利な状況

現時点では、インドの株式市場が有利な状況にあります。中国と香港に対する悲観的な見方が強まっており、経済刺激策の不足が響いています。一方、インドの株価指数は過去最高水準に近づいています。海外の年金や主権財産運用会社もインドを好んで投資先として選んでいます。

インドは長期的な投資機会

ゴールドマン・サックス・グループのストラテジストは、インドが最も魅力的な長期的な投資機会であるとの調査結果を発表しました。2023年には海外から210億ドル以上がインドの株式に流入し、S&P BSE Sensex指数は8年連続で上昇しました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です