中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イノベーションを通じた持続可能性が医療の未来の鍵です

サイトを見る

医療の未来における持続可能性とイノベーション

急速な技術の進歩、グローバルなつながり、気候変動とその将来世代への影響による課題の増加という時代において、医療の展望はパラダイムシフトを遂げています。気候変動と医療への影響の関連性は否定できず、持続可能性とイノベーションを医療の中核業務に統合する必要があります。また、グローバルな医療システムは、人々の変化するニーズをサポートするだけでなく、Covid-19パンデミックのようなブラックスワンのイベントを管理する準備もしなければなりません。

持続可能な医療システムの必要性

持続可能な医療システムは、地球上の炭素排出量を減らし、気候関連の災害による緊急事態への対応能力を構築するための重要な要件です。世界中の医療システムは、エネルギー効率を高め、再生可能エネルギーへの移行、効果的な廃棄物管理を確保する必要があります。そのためには、政府、政策立案者、製薬会社、技術企業、ケアプロバイダーの間でより強力な協力が必要です。最近のUAEでのCOP28の結果からも、気候変動と人間の健康への害の関連性について十分な証拠があることがわかりました。そのため、挑戦に打ち勝つことができ、持続可能な対策をサポートするための強靭な医療システムを構築することが重要です。

医療のイノベーション

医療の未来において、イノベーションは重要な要素です。人工知能の影響は、この分野において波紋を広げています。MRIやCTスキャンなどの診断テストや放射線学的研究の多くは、人ではなく機械によって読まれるようになりました。医師は、より良い診断を支援する意思決定支援システムを提供されています。ゲノム研究は多くの疾患の診断と治療に役立っています。反応的ではなく予防的な医療慣行が中心になっています。個別化された治療法が勢いを増しています。

患者中心の医療

将来の医療パラダイムの基盤は、患者中心性です。業界は、個別化された治療計画、患者のフィードバックをサービス開発に取り入れ、個人の医療の旅を支援することに焦点を当てています。一つのサイズが全てに適合するアプローチから、患者と地球の福祉を確保するホリスティックなモデルに進化しています。そのためには、技術を医療エコシステムに統合することによって、専門的なケアの必要性が同時に増しています。患者と医療提供者の協力は、ニーズにつながり、人々が必要とする解決策を導入するために重要です。一次から四次までのケアを統合した医療提供は、プロバイダーが先を見越すために不可欠です。

中東地域における医療の将来

UAEでは、2030年までに65歳以上の人口の割合が現在の1.1%から4.4%に増加すると、世界銀行は予測しています。これにより、高度な医療を提供する高齢者ケアを含む四次医療の需要が増加すると予想されています。人口の流入、変化するダイナミクス、UAE政府の世界クラスの医療観光ハブとしての国づくりへの注力により、民間セクターからの投資がもたらされ、デジタルテクノロジーソリューションプロバイダー、イノベーター、経験豊富な医療専門家に機会が開かれます。

同様に、サウジアラビア、オマーン、カタールなどの国々にも、地域の医療需要に対応するための巨大な機会があります。KSAでは、政府がビジョン2030の一環として医療インフラの改善に注力しており、医療セクターでの大きな成長と変化が予想されています。一次医療オペレーターは、標準化されたケアネットワークを拡大し、公衆の需要に応えるための潜在能力があります。

Dr Azad MoopenはAster DM Healthcareの創設者兼会長です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です