中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イスラエルの国防相ヨアブ・ガラントが戦後のガザについての計画を発表

サイトを見る

イスラエル国防相、ガザ地区の戦後管理計画を発表

イスラエル国防相のヨアブ・ガラントは、ガザ地区の戦後管理計画を発表しました。ガラント氏は、ハマスもイスラエルも戦闘が終わった後にはパレスチナ領土を統治しないと述べました。

ガラント氏の計画の概要

ガラント氏は、ハマスが2007年以来統治しているガザ地区の後任について、ベンヤミン・ネタニヤフ首相の戦争内閣に提出する前に、計画の概要を報道陣に公開しました。

計画の内容

計画によれば、イスラエルはガザ地区での戦闘を、10月7日に起きた人質事件の解決、ハマスの「軍事および統治能力」の解体、残存する軍事的脅威の排除まで継続するとされています。

その後、計画では「ハマスがガザを支配せず、イスラエル市民に対する安全上の脅威を与えない」新たな段階が始まり、具体的なパレスチナの組織が領土の統治を担当するとされています。

計画では、イスラエルは領土内での活動権を保持するとしつつも、「戦争の目標が達成された後は、ガザ地区にイスラエルの市民は存在しない」と明記されています。

国内外の反応

国家安全相のイタマール・ベン=グヴィルは、戦後にイスラエルの入植者がガザ地区に戻り、ガザのパレスチナ人の移住を促進する「解決策」を提案しました。これに対してアラブ諸国や主要な同盟国であるアメリカ合衆国から非難が出されました。

ガラント氏の計画の中で、「ガザの住民はパレスチナ人であり、したがってパレスチナの組織が担当することになるが、イスラエル国家に対する敵対行為や脅威はない」と述べられています。ワシントンは、ガザを「再活性化された」パレスチナ自治政府が統治することを提案しています。

ガラント氏の計画発表とブリンケン国務長官の訪問

ガラント氏の計画発表は、アントニー・ブリンケン国務長官の訪問の前日に行われました。ブリンケン氏は中東への訪問中、ガザへの人道支援の拡大と地域紛争のエスカレーションを防ぐための努力を行う予定です。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です