中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イスラエルがラファで動く場合、サウジは「大惨事」を警告

サイトを見る

サウジアラビア、イスラエルのラファ攻撃を非難

サウジアラビアは、イスラエルのラファでの軍事作戦が「人道的な大惨事」を引き起こすとして、国連安全保障理事会の介入を求めました。

サウジアラビアの外務省は、「ラファへの侵攻と攻撃の極めて危険な影響に警告し、強制的な追放に断固として反対し、強く非難する」との声明を発表しました。

声明はさらに、「国際法と国際人道法の継続的な違反は、イスラエルが人道的な大惨事を引き起こすのを防ぐために、安全保障理事会を緊急に招集する必要性を確認している」と述べています。

イスラエルのネタニヤフ首相は、金曜日にラファでの地上作戦に備えて市民の避難を命じました。

ガザの南部に位置するラファには、100万人以上の避難民がおり、多くの人々がエジプトと海に接する境界に押し付けられたテントで避難しています。

サウジアラビアはイスラエルを正式には認めていませんが、10月にイスラエル・ハマス戦争が勃発する前に認めることを検討していました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です