中東の要約記事を毎分お届け配信中!

イギリスのチャールズ3世国王が癌で治療を受けているとバッキンガム宮殿が発表

サイトを見る

キング・チャールズ3世、がんの診断を受ける

ロンドン:バッキンガム宮殿は、キング・チャールズ3世ががんの一形態を診断され、治療を開始したと発表しました。

別の懸念事項が見つかる

宮殿によると、このがんは最近の良性前立腺疾患の治療とは関係ありません。75歳の君主がどのようながんであるかは明らかにされていません。

治療中の公務を延期

宮殿は、「前立腺の肥大症の治療中に別の懸念事項が見つかった」と述べた。「診断テストでがんの一形態が特定された」とも述べた。

「陛下は本日から定期的な治療スケジュールを開始し、その間、医師の助言に従い公の場での職務を延期することとなった」と宮殿は述べた。「この期間中、陛下は通常通り国家業務と公式文書を引き続き行う」とも述べた。

治療に前向きな姿勢

宮殿は、チャールズ王が「治療に対して完全に前向きであり、できるだけ早く完全な公務に戻ることを楽しみにしている」と述べた。BBCによると、イギリスのキング・チャールズはがんと診断されましたが、前立腺がんではなく、前立腺の肥大症の治療中に発見されたものです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です