中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アラバマ州で跡形もなく盗まれた高さ200フィートのラジオ局の塔、小さな町の声を消す

サイトを見る

アラバマ州ジャスパーで巨大なラジオ塔が盗まれる

アラバマ州の小さな町と周辺の郡の声を担っていたラジオ局が、巨大なラジオ塔の盗難により沈黙してしまったと、ラジオ局の総支配人は述べた。

犯人は逮捕されていない

アラバマ州ジャスパーのWJLXラジオ局は、200フィート(61メートル)の塔が盗まれたことで放送を停止している。現時点では逮捕者はいない。

地域社会は声を失った

WJLXの総支配人であるブレット・エルモア氏は、The Associated Pressに対して、「当局のスローガンはウォーカー郡の音であり、現在、当局が停止しているため、地域社会はその音と声を失ってしまった。これは痛手であり、地域社会にとっても痛手だ」と語った。

塔と放送機器が盗まれる

盗難は2月2日に発見された。メンテナンスクルーが塔があった森の中に到着し、塔がなくなっていることを発見した。また、近くの建物に保管されていた放送機器のすべても盗まれていることがわかった。

再建には6万ドルから10万ドルかかる

エルモア氏は、塔や機器には保険がかけられていなかったと述べ、再建には6万ドルから10万ドルかかると推定している。「私たちは小規模な市場であり、そのようなお金は持っていない」と彼は語った。

寄付を募るためのオンラインページが開設される

エルモア氏は、全国の人々からの支援の申し出を受け取り、寄付を募るためにオンラインのGoFundMeページが開設されたと述べた。金曜日の午後には1,100ドル以上が集まっていた。

再び放送を再開することを願う

エルモア氏は、なんとか再び放送を再開することを望んでいる。「私たちは乗り越えていく」と彼は語った。「私たちは乗り越えていくという信念を持たなければならない」とも述べた。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です