中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アラスカ航空の737 Maxのタイヤ爆発は、製造上の問題による可能性が高いとされる

サイトを見る

ボーイング737 Maxジェット機の胴体が飛行中に切り離れる事故が発生

金曜日に発生したボーイング737 Max 9機の胴体切り離れ事故は、長年にわたって使用されてきた設計上の特徴を反映しており、調査官は設計上の欠陥よりも品質の問題に焦点を当てる可能性が高いと考えられています。

モジュラーカットアウトが問題の原因か

Max 9機は、緊急脱出口を収納するためのフレームにモジュラーカットアウトがあります。一部の航空会社は、追加の出口を必要とせず、穴を永久に塞いでいるため、ドアを取り付けた飛行機を注文して座席数を最大化しています。

ボーイングの製造不良が原因か

ボーイングの元事故調査責任者である航空安全専門家のジェフ・グゼッティ氏は、「これはボーイングの製造不良、品質の問題の一例です。ボーイングが製造品質の問題を抱えてきたすべての問題と関連付けて考えることができません。」と述べています。

モジュラーカットアウトの利点

アラスカ航空の事故で起きたようなカットアウトは、生産効率を向上させ、座席配置を柔軟にすることを目的としています。これにより、航空会社ごとに異なる設計を作る必要がなくなり、複雑さとコストが削減され、将来の変更が容易になります。

アラスカ航空のMax 9機は全機運航停止

金曜日の事故を受けて、アラスカ航空はMaxフリートの65機を全機運航停止しました。これは、ボーイングが最近数年間にわたって製造欠陥と高額な修理に取り組んできた後退です。

ボーイングとエアバスのモジュラードアデザイン

ボーイングは2006年からドアカットアウトを導入しました。ヨーロッパの航空機メーカーであるエアバスも、一部のA321ナローボディ機にモジュラードアデザインを使用しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です