中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アメリカのティーンエイジャーがテトリスで初めて人間を打ち負かす

サイトを見る

米国のティーンエイジャーがTetrisでAI以外で初めてゲームを終了させる

米国のティーンエイジャー、ウィリス・ギブソン(通称「ブルースキューティ」)が、クラシックなコンピューターゲームTetrisでゲーム終了のバグを引き起こし、これまで人工知能のみが達成していた偉業を達成しました。

ウィリスは、ニンテンドー版のパズルゲームであるTetrisの「キルスクリーン」に到達した最初の人間となり、他のプレイヤーたちは彼の進捗状況をオンラインで追いかけました。

ウィリスは、YouTubeにアップロードした40分以上の動画の終盤で何度も「おお神よ!」と叫びます。

「指が感じられないよ」と息を切らしながら付け加えました。

この感情は、ウィリスがオクラホマ州出身で、コントローラーを素早く指でスクロールしながらほとんど動かずに座っている35分間のゲームプレイとは対照的です。

この偉業は、オンラインや対面でトーナメントに参加する熱狂的なコミュニティにとっても大きな成果です。

「これまで人間によって達成されたことはありませんでした」と、クラシックテトリスワールドチャンピオンシップの会長であるヴィンス・クレメンテ氏はニューヨークタイムズに語りました。

「数年前までは誰も不可能だと思っていたことです」とも述べました。

Tetrisは、ソビエトのソフトウェアエンジニアによる発明で、プレイヤーは異なる形状の落下するブロックを回転させ、操作してボックス内に固定された直線を作ります。

一度直線(または2、3、4本)が形成されると、それが消え、次のブロックをシャッフルするためのスペースと時間が増えます。

プレイヤーがレベルを進むにつれてブロックがより速く落ちるようになり、長い間ゲームの終わりとされていたレベル29まで進むと、人間が反応するのに速すぎる状態になります。

しかし、近年の革新により、プレイヤーたちはゲームを続ける方法を見つけ、ゲームを維持する古いコードの能力を超えるようになりました。

競技プレイヤーたちは、コードがバグり、ゲームが停止するポイントがあることを長い間知っていましたが、それに到達できたのは別のコンピューターだけでした。

しかし、12月21日、ウィリスはレベル157でピースを配置し、1列のブロックが消え、ゲームがフリーズするという状況を引き起こしました。

他のプレイヤーたちは興奮し、クラシックテトリスワールドチャンピオンであるfractal161(別名ジャスティン・ユー)は、自身のライブストリームで「やった、やった!」と叫びました。

Tetrisの最高経営責任者であるマヤ・ロジャースも祝福に加わり、popsci.comに対して、2024年にゲームの40周年を迎える前にふさわしい偉業だと語りました。

「この伝説的なゲームのあらゆる予想を超える限界を打ち破る、非凡な成果を達成した’blue scuti’におめでとうございます」との声明がありました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です