中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アップルがサムスンの12年間のトップスマートフォン販売者の座を終わらせる

サイトを見る

AppleのiPhoneが世界最大の売り上げスマートフォンになる

サムスンによる12年間のリーダーの座を奪ったAppleのiPhoneが、初めて世界最大の売り上げスマートフォンとなったことがデータで示された。

国際データコーポレーション(IDC)のデータによると、2023年にiPhoneは2億3460万台を販売し、韓国のサムスンを上回った。サムスンは2億2660万台を販売した。

IDCによれば、Appleは20.1%の市場シェアを占め、サムスンの19.4%を上回った。

市場調査会社のアナリストは、Appleの台頭はiPhoneなどのプレミアムデバイスの成功によるものであると指摘している。彼らはまた、Androidオペレーティングシステムを搭載したスマートフォン市場がますます分断されており、TranssionやXiaomi、Honor、Googleなどの低価格のサムスンの競合他社も存在することを挙げている。

IDCによれば、中国でのHuaweiの人気製品の成功もサムスンの売り上げ減少に影響を与えたという。

この売り上げデータは、水曜日にカリフォルニアでのイベントで予想される最新のサムスンモデルのリリースに先立って発表された。

IDCによれば、2023年の世界のスマートフォン出荷台数は11.7億台で、前年比3.2%減少したが、IDCは業界が停滞期を脱し、2024年には回復すると述べている。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です