中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アジアカップベスト8進出後、エンドウが日本に改善を求める

サイトを見る

日本、アジアカップで苦戦も準々決勝進出

日本のキャプテン、遠藤航は、水曜日のバーレーン戦で3-1で勝利し、準々決勝に進出したものの、日本のアジアカップのライバルは彼らの弱点を「攻略」するだろうと警告しました。

日本は、前半と後半にリツ・ドアンと久保建英のゴールでリードを広げていましたが、ミスが目立つゴールキーパーの鈴木蔵人のオウンゴールにより、バーレーンが試合に復帰しました。

上田綾瀬が大会4点目となるゴールで日本のリードを保ちましたが、リバプールのミッドフィールダー、遠藤は、準々決勝の相手はそう簡単には許さないかもしれないと警告しました。

「サッカーでは、チームはあなたを分析し、攻略できる隙間を見つけようとしています」と彼は言いました。

「これまでのトーナメントでチームは私たちを見ており、守るのは簡単ではありません。」

「90分間、集中力を切らさないことが重要です。」

12月21日に足首を負傷して以来、2回目の出場となった三都間は、後半にベンチから出場しました。

しかし、森保一監督率いる日本は、カタールでの4試合でクリーンシートを達成していません。

鈴木蔵人はミスを連発し、バーレーンのゴールでも再びミスを犯しました。

この21歳の選手はパンチを誤り、上田と絡み合ってボールをゴールラインを越えさせました。

森保監督は、このゴールをコミュニケーション不足のせいにしました。

「完璧ではなかったし、次はイランまたはシリアと対戦します。彼らは前線に多くの才能を持っており、今日よりも良いプレーをしなければなりません」と彼は言いました。

「私たちは失点したゴールを反省しなければなりません。」

日本は31分に開始点を挙げました。舞熊誠也が遠くからシュートを放ち、ポストに当たり、ドアンがリバウンドを押し込みました。

森保監督のチームは、5分後にケルティックのミッドフィールダー、波多江玲央が負傷退場し、森田秀雅が出場しました。

久保はVARのゴールチェックの後、49分に日本のリードを2点にしました。

レアル・ソシエダのフォワードは、ボックス内でボールが彼に飛び出した時にオフサイドの位置にいるように見えましたが、最終的なボールはバーレーンの守備選手から出たものでした。

日本にとっては楽勝に見えた試合は、64分に鈴木が自陣ゴールにボールを蹴り込んだことで危険な展開となりました。

上田は72分に素晴らしい攻撃を組み立てた後、ボールをゴールに叩き込み、日本の緊張をほぐしました。

三都間は68分に出場し、後半にいくつかのチャンスに絡みましたが、得点することはできませんでした。

バーレーンは韓国を抑えてEグループで首位になり、トーナメントから姿を消しました。

コーチのフアン・アントニオ・ピッツィは、「日本は戦術的にも体力的にも私たちよりも優れていました」と認めました。

「日本は5年間同じ監督を持っており、彼らが投入したすべての選手は同じレベルのクオリティを持っていました」とチリで2016年のコパアメリカを制したピッツィは述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です