中東の要約記事を毎分お届け配信中!

アイオワ州の学校で複数の人々が撃たれたと警察が発表、容疑者は死亡

サイトを見る

アイオワ州の高校での銃撃事件、容疑者は自殺

アイオワ州の小さな町の高校で、冬休み明けの授業初日に銃撃事件が発生し、複数の人が撃たれました。容疑者は自殺したとみられています。

容疑者の中には学校の管理職も含まれているという情報もあります。

銃撃された2人の被害者は病院に搬送されましたが、その状況については明らかにされていません。

事件が発生した場所は州都デモインから約64km離れた町で、人口は約8,000人です。

生徒の一人は、カウンセラーのオフィスにいた時に銃声を聞き、ドアを封鎖して逃げる準備をしました。彼女は車に辿り着いた際、銃撃を受けた少女が運ばれているのを目撃しました。

アメリカ司法長官はこの事件についての報告を受け、FBIも捜査に協力しています。

この事件はアイオワ州の予備選挙の最中に起きたものであり、共和党の大統領候補も近くでキャンペーンを行っていました。

アイオワ州では拳銃の購入や携帯に許可証は必要ありませんが、許可証なしで拳銃を購入する場合はバックグラウンドチェックが必要です。

事件が発生してからわずか7分後に警察が到着し、多くの救急車が現場に駆けつけました。

この高校は1,785人の生徒が在籍しており、町の人口はアイオワ州全体よりも多様性があります。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です