中東の要約記事を毎分お届け配信中!

わずか1日で日本でほぼ150回の地震が発生した理由

サイトを見る

日本の北西海岸で大地震、多数の死者と津波の恐れ

日本の北西海岸で大規模な地震が発生し、多数の死者が出ています。2011年に日本の北部地域を襲った津波の恐怖が再燃しました。この日だけで約150回の地震が発生しました。

日本は地震のリスクが高い

日本は世界でも最も活発な地震地帯の一つに位置しており、全国が地震の影響を受けるリスクがあります。

地震の概要

1月1日午後4時ごろ、日本の北西海岸の能登半島沖でマグニチュード7.6の地震が発生しました。地元の当局によると、少なくとも48人が死亡し、多くの人が負傷しました。

地震により、1月1日には日本海沿岸のほぼ全域に津波警報が発令され、多くの人々が友人や家族と新年を祝っている時に国を揺り動かしました。日本気象庁は1月1日に最大5メートル(16フィート)の津波を警戒しましたが、1月5日午前10時には少なくとも1.2メートルの津波が観測されたため、すべての津波警報を解除しました。

この地震は2018年以来の日本で最大の地震の一つであり、少なくとも200の建物が被害を受け、数千人が停電や断水に見舞われ、鉄道や道路の交通も一時的に停止しました。

今後の地震の予測

日本気象庁は記者会見で、同じ規模の地震が発生するリスクは最大で20%あると述べました。この地域の住民は頻繁に発生する余震に見舞われており、地域の建物はさらなるリスクにさらされています。

最も被害が大きい地域の人々は、今後1週間、大地震や津波の可能性に備える必要があります。

最悪のシナリオは?

最悪のシナリオは、北西部でさらなる大地震が発生し、当初1月1日に警戒された規模の津波を引き起こすことです。

なぜ地震が集中して発生するのか?

能登半島沖には複数の活断層が存在し、圧縮力により地下のプレートが押し合わされ、上のプレートが下に押し上げられる逆断層型のメカニズムが働いています。2018年以来、この地域では地震活動が増加し、過去3年間で地震活動が高まっています。

日本の大学の専門家による論文によると、2020年11月から2023年2月までの間に、能登半島沖で1以上のマグニチュードを持つ地震が14,000回以上発生し、昨年5月には能登地域でM6.5の地震が少なくとも1人の死者を出しました。

地域の地殻変動帯の変化を考慮すると、以前の地震には流体の動きが関与していた可能性があります。

過去100年間で能登半島で最も大きな地震は、2007年3月25日に発生したM6.9の能登半島地震です。

日本での地震の危険性

日本では、過去数十年間に大規模な地震により数千人が死亡し、北部地域の大部分が再建される必要がありました。2011年の東日本大震災では、約2万人が死亡し、約2,500人が行方不明になりました。

数千棟の建物が損壊し、2011年には12万棟以上が完全に崩壊しました。この災害は東京電力の福島原子力発電所で日本最悪の原子力災害を引き起こし、政府はこの公益事業を救済するために資金援助を行いました。政府は北部地域の再建のために税金を引き上げました。

1995年の神戸地震では6,000人以上が死亡し、近年では2016年の熊本地震で200人以上が亡くなりました。1923年に東京を襲った地震の死者数は公式統計によると10万人を超えたとされています。

日本の警戒システム

日本の気象庁は2007年から地震早期警戒(EEW)システムを導入しています。2011年と2016年の出来事を受けて、当局は測定技術を改善し、同時に発生する複数の地震の規模をより正確に判断するようになりました。しかし、EEWシステムは2018年と2020年にも誤報を発信し、懸念が広がりました。

日本の住民はスマートフォンで大規模な地震の場合には大音量の警報を受け取り、安全対策を取るように警告されます。日本では、住民は地震を感じたらまず国営放送NHKをつけ、詳細な報道を受けることが一般的です。他のテレビ局も地震警報を画面に表示します。

人々はインターネットでも迅速な情報を求めるようになっていますが、そこには不正確な情報や誤解を招く情報も含まれています。岸田文雄首相は、混乱を増幅させる可能性のある誤情報の拡散に対して厳重な注意を呼びかけました。また、モバイルサービスの重要性が高まっているにもかかわらず、主要な通信キャリアは地震後に接続障害を報告することが多いです。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です