中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「100%現金です」:ドバイのショッパーが100万ディルハムを獲得

サイトを見る

ドバイのショッピングマニアが100万ドルを獲得

ドバイに50年間住んでいる自称ショッピングマニアのバッセム・エル・ティビさんが、頻繁なモール訪問が彼を百万長者にしてくれたことに驚きました。

白いシャツと青いジーンズを着たバッセムは、MAFモールから火曜日に受け取った象徴的な100万ディルハムの小切手を手にしてにっこり笑っていました。彼は、最近終了したドバイショッピングフェスティバル(DSF)の一環としてMAFが行った「今年の最大の賞」抽選で唯一の勝者となりました。MAFモールが通常のシェアリワードポイントではなく現金で大賞を贈るのは初めてのことでした。

「これは100%現金です」と興奮したバッセムは、Khaleej Timesに語り、今回は買い物に浪費するのではなく、巨額の賞金を「より慎重に」使うつもりだと付け加えました。

詳細は明かさずに、イギリス国籍でレバノン出身のバッセムは「一部を不動産の購入に投資し、残りはパレスチナの兄弟姉妹に渡す」と述べました。

バッセムはアブダビの特別プロジェクトおよびガバナンスのディレクターとして働いていますが、家族と一緒にミルディフに住んでいます。彼のお気に入りのモールは隣接するシティセンターミルディフです。

「レシートを常にスキャンしていた」

バッセムは、自分が抽選で勝った理由については覚えていませんが、通常は服、電子機器、食料品、食べ物のために買い物をしていたと述べました。「そして、抽選の対象になるために常にレシートをスキャンしていました」と彼は付け加えました。

この百万長者キャンペーンは、12月8日から1月14日までのDSF期間中に実施されました。賞金はドバイ経済観光局と共同投資され、モール・オブ・ジ・エミレーツ、シティセンターミルディフ、シティセンターデイラ、シティセンターメアイセム、シティセンターアルシンダガのいずれかの店舗で最低300ディルハム以上(単発または累積)を費やした顧客が対象でした。

初めは疑っていた

バッセムは、先月MAFから100万ディルハムを獲得したという電話を受けた最初の時は疑っていました。「いつもいたずらや詐欺の電話をたくさん受けていました。しかしMAFから再び電話があり、本当に勝ったと説明されました。私が運に恵まれたことを信じるのにもう一日かかりました」と彼は付け加えました。

彼はまた、次回モールを訪れる際にショッパーに幸運を祈りました。そして抽選があることを。「私にとっては、ポジティブな態度とお金を使う計画のおかげで幸運になりました」とバッセムは付け加えました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です