中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「雨が降っても走り続けます」:スーダン難民支援のため、UAEの住民が7日間のウルトラマラソンに備える

サイトを見る

ドバイのランニング愛好家が7日間のウルトラマラソンを開始

ドバイのランニング愛好家のグループが、国内の7つのエミレートで7日間のウルトラマラソンを開始する準備を整えています。このウルトラマラソンは、スーダンの難民支援のための意識向上と資金調達を目的としています。

ウルトラマラソンはスーダンの難民支援のために行われる

このウルトラマラソンは、スーダンでの人道危機に対する意識を高め、資金を調達するために、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)と提携しています。参加者は7日間で350キロメートルを走り、スーダンの難民に食料、医薬品などの必需品を提供することを目指しています。

ランナーたちはスーダンのために走る

このグループのランナーは、スーダン出身者ではありませんが、スーダンのために走ります。彼らは1年以上のトレーニングプログラムを経て、7日間連続での過酷なウルトラマラソンに備えてきました。

ランナーたちはスーダンの難民支援のために資金を調達

ランナーたちは、UNHCRとのパートナーシップを通じて、スーダンの難民に現金援助を提供することを目指しています。また、オンラインキャンペーンや週に一度のコミュニティランも行っています。

ランナーたちの連帯がスーダンの人々に希望を与える

このウルトラマラソンに参加するランナーたちは、スーダンの人々に対する連帯の象徴となっています。スーダン出身のUNHCR職員もこの取り組みに感銘を受けており、人々が困難な状況にあるスーダンの人々を支援するために一緒に立ち上がっていることを喜んでいます。

ランナーたちの取り組みが世界平和につながることを願って

ランナーたちは、スーダンの難民支援を通じて世界平和を実現することを願っています。彼らは、人々が一緒になって大きな取り組みを行うことで、平和が広がることを信じています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です