中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「私は個人的に嫌いだった…」:ロヒット・シャルマが南アフリカテスト前にシュブマン・ギルの打順について語る

サイトを見る

ロヒット・シャルマがシュブマン・ギルのバッティングポジションについてコメント

インドのクリケットキャプテンであるロヒット・シャルマは、テストマッチにおけるシュブマン・ギルの3番バッティングポジションについてコメントしました。シャルマは、それは個人の考え方によるものだと述べました。

インドは2番目のテストマッチで引き分けを目指す

インドは、1月3日にケープタウンのニューランズ・クリケットグラウンドで南アフリカとの2番目のテストマッチに臨み、シリーズを引き分けることを目指します。

シャルマはバッティングポジションについて語る

プレマッチの記者会見で話したシャルマは、自身が3番でのバッティングを嫌っていると明かしました。36歳のキャプテンによれば、オープンするか、5番または6番のバッティングポジションまで待つ必要があるとのことです。

しかし、シャルマは、インドのオープンバッツマンとしてプレーし始めた後は、他のバッティングポジションが適切に感じられなくなったとも述べました。

また、シャルマは、テストフォーマットでは、オープナーが最初のイニングで負傷した場合、3番が後でオープンしなければならないため、1番と3番のバッティングポジションにはあまり違いがないとも付け加えました。

南アフリカがインドを圧倒

最初のテストマッチは南アフリカが完全に支配しました。ラバダの5ウィケットでインドは苦境に立たされました。KLラウルは101のカウンターアタックを見せましたが、エルガーの息をのむような185にすぐにかき消されました。

3日目には、ナンドレ・バーガーが彼の致命的なバウンサーと正確なラインとレングスでインドのバッツマンを苦しめました。

4日目に向かっていた試合は、3日目に終了しました。インドのバッツマンは、カギソ・ラバダ、マルコ・ヤンセン、バーガーのペーストリオに対して全く歯が立ちませんでした。

バッターたちにとっては厳しいピッチで、ランを生み出す方法を知っていたのはヴィラット・コーリだけでした。

2回目のイニングの出だしで、南アフリカはシュレヤス・アイヤーとKLラウルを連続で取り除きました。

バーガーがラヴィチャンドラン・アシュウィンをゴールデンダックで除去した後、インドの運命はほぼ決まりました。

ディーン・エルガーの素晴らしいフィールディングによるジャスプリット・ブンラーのランアウトが失望を引き起こしました。南アフリカチームの見事なレビューにより、モハメッド・シラージがボールをグローブで捕まえたことが確認されました。

プラシッド・クリシュナは必死に戦いましたが、ヤンセンがコーリ(76)を退場させ、インドの苦闘は3日で終わりました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です