中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「私たちは人生を愛している」:ガザのカップル、戦時中の廃校で結婚式を祝う

サイトを見る

ガザで戦争が続く中、新婦は結婚式を挙げる

ガザの女性、アフナン・ジブリルは、戦争が続く中でも結婚式を挙げることを決意し、家族や友人に囲まれて笑顔を見せています。

新婦の父、モハメド・ジブリルは、「我々は死や殺人、破壊にもかかわらず、生命を愛する人々です」と語りました。

新婦と新郎の家族は、エジプトとの国境に近いガザ地区の南部都市ラファで、戦時中の結婚式のために集まりました。

この都市は、イスラエルの日々の爆撃を受けており、新婦と新郎の家族も戦闘から逃れるために北部に避難してきた数十万人のパレスチナ人の一部です。

新婦の父は、「通常の結婚の準備はできないし、伝統的な儀式も行えない。しかし、衣服は手に入るが、希少で高価だ」と述べました。

17歳のアフナンは、花の冠と真っ白なドレスに鮮やかな赤の刺繍を施し、26歳のパートナー、ムスタファ・シャムラフとともに、この貴重な機会を最大限に楽しもうとしています。

ゲストが部屋中に白い泡をまき散らす中、彼らは踊り笑います。

しかし、彼らは現実と向き合わなければなりません。

パレスチナの武装勢力による攻撃をきっかけに始まったイスラエルの無情な軍事キャンペーンは、ガザで少なくとも23,843人(主に女性と子供)を殺害しました。

この戦争は、ハマスの武装勢力が10月7日に前例のない攻撃を開始し、公式の数字に基づくAFPの集計によれば、イスラエルで約1,140人(主に市民)が死亡しました。

新婚夫婦は、もう一つの悲惨な数に含まれています。国連の推計によれば、ガザの総人口2,400万人のうち、190万人のパレスチナ人が戦争によって避難せざるを得なくなりました。

新郎の叔父であるアイマン・シャムラフはAFPに対して、「新郎が住む予定だった家は破壊された」と語りました。

戦争が続く中、両家族は待つことから何も得るものはないと感じ、結婚に同意しました。

学校での祝賀会の後、カップルはテントで行われる式に向かいます。

大勢の祝福者に囲まれて待つ黒いSUVに飛び込む彼らを見ると、まるで他の結婚式のように見えます。

アイマン・シャムラフは、「私たちは皆同じ悲劇を経験しています。しかし、私たちは生き続けなければならず、生活は続いていかなければなりません」と述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です