中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「目的地は月:UAEチームがゲートウェイ月面ステーションの建設を開始」

サイトを見る

UAEが月の宇宙ステーションに参加

UAEのMohammed Bin Rashid Space Centre(MBRSC)のSalem Al Marri所長は、UAEがGateway Lunar Space Stationに参加することを発表しました。MBRSCのチームは、NASAのJohnson Space CenterのGatewayチームと協力し、史上初の月のステーションで使用されるEmiratesAirlockの開発に取り組んでいます。

MBRSCのチームはNASAとの協力を開始し、Gateway Lunar Space Stationの建設に向けたミーティングを行いました。この月の宇宙ステーションは、NASAのArtemisプログラムを通じて月の探査を拡大するために使用されます。

月のゲートウェイの建設

UAEの宇宙エンジニアは、月のゲートウェイにおける宇宙飛行士の出入り口である10トンのCrew and Scienceエアロックを建設します。ゲートウェイは2025年に最初の2つのモジュールを打ち上げ、2030年にはEmiratesモジュールが打ち上げられる予定です。

ゲートウェイは月の南極地域への着陸を容易にするために、月の近円形ハロー軌道で運用されます。建設は複数のミッションにわたり、Falcon Heavyによる推進要素と居住モジュールの展開から始まります。

Al Marri所長は、「宇宙は非常に困難です。私たちがNasaとパートナーと一緒に行っていることは、実際には非常にユニークなことです。これは人類史上初めて月の周りに宇宙ステーションが建設されるということです。NasaとパートナーはISSからの学びを活かしてゲートウェイを進めるでしょう」と述べました。

Emiratesモジュールの完成は2030年を予定しており、エアロックの建設には技術的な課題があるものの、困難を乗り越えるために努力すると述べました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です