中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「子供たちにハムダがいなくなったことを伝えていない」:亡くなったエミラティのレーサーのチャリティーパートナーが心の痛みを語る

サイトを見る

ハムダ・タリヤムさんの死による悲しみ

ハムダ・タリヤムさんは、24歳の若さで亡くなりました。彼女は、スマイル・アフリカ・チルドレンズ・ファウンデーションの孤児たちにとって、料理を作ってくれたり、彼らを大切にしてくれたりする人でした。彼女の死を伝える勇気がなかなか出ず、ロバート・カテンデさんは毎朝目を覚ますたびに迷っています。

ハムダとの関係

ロバートさんとハムダさんの関係は、Instagramでの簡単な挨拶から始まりました。ハムダさんは、スマイル・アフリカで行っている活動についてInstagramで投稿しているロバートさんにメッセージを送り、センターの食べ物のために寄付をしたいと言いました。

ウガンダへの訪問

ハムダさんは、ウガンダを訪れ、スマイル・ファウンデーションの子供たちと多くの時間を過ごしました。彼女は、教室や保健センターの落成式を行い、子供たちのために料理を作り、洗濯をし、自分の子供のように彼らを世話しました。

ハムダさんは、ファウンデーションのために多くの計画を持っていました。彼女は、若者や大人たちを支援するための職業訓練センターや、学校を自給自足にするための農場の建設、保健センター周辺の整備などを計画していました。

ハムダさんの死後、シャルジャのチャリティ協会は、彼女がウガンダで始めたプロジェクトを完成させるために100万ディルハムを割り当てました。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です