中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「地獄だった」:チリの山火事で炎の襲撃を生き延びた人が語る

サイトを見る

チリの山火事で住民が被害を受ける

チリの一部地域を襲った山火事のニュースを聞いていたロドリゴ・プルガールさんは、自分のコミュニティに炎が迫ってくるのを感じました。

彼はAFPに語った、「地獄だった。助けようとしたが、自分の家も燃え始めた。灰が降り注いできた」と言います。

プルガールさんは予防策として、自宅の木製屋根に水をかけており、それによって炎が家を飲み込むのを防ぐことができました。

しかし、彼の近所の住民は運が悪かったようで、数十軒の家が焼け落ちてしまいました。

プルガールさんは「住民の大半は高齢者で、私たちは彼女を救出することができなかったため、隣人が亡くなりました」と語りました。

エル・オリバルは、音楽祭やビーチで知られるビニャ・デル・マールのすぐ外に位置しており、金曜日に発生した山火事で多数の人が亡くなり、街中には遺体が残されました。

ビニャ・デル・マール市長のマカレナ・リパモンティは、「前例のない災害に直面している」と嘆きました。

息子を守るために必死に帰宅する母親

アンナ・カリーナさんは、自宅から数キロ離れたスーパーマーケットで働いていたときにエル・オリバルが燃えていることを知りました。

彼女はパニックに陥りました。14歳の息子が一人で家にいて、犬も一緒だったのです。

彼女は「唯一考えたのは、息子が死んでしまった、息子が焼けてしまったということだった」と語ります。

彼女は苦悩に駆られ、自宅に向かって歩き始め、やっとのことでバスに乗ることができましたが、そのバスも炎に閉じ込められる危機に瀕しました。

自分の近所に到着した彼女は、燃えている道路を渡らなければなりませんでした。しかし、彼女は自宅がまだ残っていることを大いに安心しました。

カリーナさんは「父は去年亡くなり、私が叫んでいたのは、父が息子を守ってくれるようにということだった」と述べました。

チリの山火事の原因と影響

チリは2017年以来、大規模な森林火災に悩まされています。

今年はエルニーニョ現象による南アメリカ南部の熱波と干ばつの影響を受けており、温暖化が激しい熱や火災などの自然災害のリスクを増加させていると科学者たちは警告しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です