中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「ドナーの正体は知らないけれど、彼らが私の命を救ってくれた」:ドバイ初の肝移植患者

サイトを見る

ウクライナ人女性がドバイの病院で初の肝移植手術を受ける

ウクライナの主婦であるナディア・ムシウクさん(38歳)は、最近ドバイのキングスカレッジ病院で行われた初の肝移植手術を受けたことに深い感謝の気持ちを述べています。ナディアさんは「彼らが誰なのかはわかりませんが、彼らは私のヒーローです。言葉では表せないほど感謝しています」と語りました。

「ドナーについて聞いた瞬間から、その家族のために祈り続けていました」とナディアさんは述べ、彼女に新たな人生を与えてくれた知らないヒーローたちに感謝の気持ちを表しています。

誤診

ナディアさんは2023年5月から消化器の問題や足のむくみなどの健康問題を抱え始めました。最初は医療の助言を求め、胃腸科医に相談しましたが、異常は見つからず、食事の変更を勧められました。ナディアさんは「ただ食事に気をつけるように言われただけでした。しかし、私の健康には何か心配なことがあると確信していました」と述べています。

しかし、症状が悪化するにつれて、ナディアさんはドバイのキングスカレッジ病院の肝臓病専門医であるカイザー・ラジャ博士のセカンドオピニオンを求めました。

検査と観察の結果、彼女は肝臓病と診断され、ステロイド治療を開始しました。ナディアさんは「私が長い間この病気を患っていたことに驚きました。医師たちは肝臓病はいつも無症状だと言っていました」と述べています。

ナディアさんの健康状態は悪化し、9月には2週間の入院を余儀なくされました。「目が黄色くなり、肌の色が変わり、足が腫れ上がりましたが、解決策はありませんでした。私ができることは医師たちを信じることだけでした」とナディアさんは述べ、薬が効果を示さなかったことを語っています。

希望の光

その後、カイザー博士はナディアさんが肝不全に直面しており、唯一の選択肢は肝移植であると確認しました。「私は医師の言葉を理解できませんでした。自分自身について考えていました。「私はたった38歳です。こんなことが私に起こるなんて思ってもみませんでした。本当に新しい臓器が必要なのか疑問に思いました。私が正しく聞いたのかどうかもわかりませんでした」とナディアさんは語りました。

あらゆる選択肢を検討した結果、ナディアさんと彼女の医療チームは他の国々での移植手術を考えました。「私たちは他の国々の多くの病院と連絡を取りました。手術はここで行い、他の医療手続きや治療はロンドンのキングスカレッジ病院で行うことができるかどうかを確認するために、ロンドンのキングスカレッジ病院とも連絡を取りました」とナディアさんは述べています。

その時、ナディアさんはドバイで行われる新しい肝移植プログラムについて知らされ、希望を抱くことができました。11月27日、カイザー博士から待ち望んでいたニュースが届きました-ドナーが見つかったとのことです。感動に打ち震えたナディアさんは、11月29日に手術が予定されました。「長い間幸せを感じていませんでした。ドナーが見つかったというニュースは本当に嬉しかったです」とナディアさんは語りました。

回復への道

現在、定期的な検診と薬物治療を受けているナディアさんは、人生の第二のチャンスに感謝して回復の道を歩んでいます。彼女の経験を振り返りながら、中東での臓器提供の意識の重要性を強調しました。

「移植手術はこの地域では新しいものです。多くの人々が臓器提供についてまだ知識がありません。多くの人々が臓器を必要としていますが、残念ながらそれらは利用できません。すべての人が一分間考えて臓器提供について考えることができれば、多くの家族に影響を与えることができます」とナディアさんは述べ、自らも臓器提供者になることへの取り組みを表明しました。

ナディアさんの最も深い感謝の気持ちは、匿名のドナーの家族に向けられています。イスラム教では、「一命を救えば、人類を救う」と言われています。彼女はその身元を知らない家族のために定期的に祈りを捧げ、神が彼らを健康に保ってくれることを願っています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です