中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「カラクを再びDh1にする」:ドバイの住民が異例の目的で走り、お茶の値段引き下げを求める

サイトを見る

ドバイの若者がカラクティーの値下げを訴えるランニングイベントを開催

ドバイの若者、アダム・エディンさんが、カラクティーの値下げを訴えるために24kmランニングイベントを開催しました。このイベントは、カラクティーが通常1.5ディルハムまたは2ディルハムで販売されている中、1ディルハムに戻すためのものでした。イベントには300人以上の参加者が集まり、オリジナルの動画は34万8千回以上再生されました。

オンラインでの批判も

イベントは現地では好評でしたが、オンラインでは批判もありました。アーティストであり、ドバイで活動するイビー・VKさんは、この運動に反対の意見を述べました。また、小規模な地元のビジネスを支援し、彼らの生計を破壊しようとするのをやめるように住民に呼びかけました。

UAEのカフェの反応は?

ドバイのカフェでは、カラクティーの価格は異なります。高級な場所では11ディルハムで販売されることもありますが、多くのカフェテリアでは1.5ディルハムで販売されています。一方、アブハイルのマシャドレストランは、45年以上にわたり1ディルハムでカラクティーを提供し続けています。一部のカフェテリアでは、材料費の上昇により価格が上がっていると説明しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です