中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「より深い感情やトリガーを明らかにすることができる」UAEのメンタルヘルス専門家がビデオジャーナリングの治療的な効果について語る

サイトを見る

ビデオジャーナリング:感情を表現する新しい方法

ビデオジャーナリングは、感情や思いを書く代わりにビデオカメラを使って記録するジャーナリングの形式です。セラピーの一環として使用されると、コミュニケーションスキルや自己表現力、自己理解を向上させるだけでなく、患者のパターンやトリガー、感情の変化を明らかにする貴重な洞察を提供することもあります。

ビデオジャーナリングの普及

ビデオジャーナリングは、ビデオ撮影が容易になり、書くことが減ってきたことにより、自己療法として無意識に使用されてきました。ビデオジャーナリングは、人々が自分の思いを表現する手段として利用してきたものであり、自己反省に役立っています。

パンデミックの影響

COVID-19パンデミックの影響もあり、ビデオジャーナリングの人気が高まっています。孤独な時間を過ごすことが多くなった人々は、ビデオジャーナリングを通じて自分の感情や思いを自由に表現し、専門家の助言に従って継続的にビデオジャーナルを作成しています。

自分に合った方法を選ぶ

ビデオジャーナリングは、自分の思考や感情を話すことで整理することが得意な人や、表情や声のトーンなどを通じて多くの感情を表現する人にとって特に効果的です。また、ビデオジャーナリングは、ディスレクシアやディスグラフィアを持つ人々にとってもよりアクセスしやすく、ストレスの少ない方法です。

始めるためのヒント

ビデオジャーナリングを始める際には、正直であることが重要です。プライベートで安全な空間を確保し、自分自身を正直に表現することが大切です。また、ビデオの編集は避け、自分の経験を正直に反映させることが重要です。また、ビデオジャーナリングは成長と反省のポイントであるため、後悔するエントリーや削除することは避けるべきです。

以上が、ビデオジャーナリングについての要約です。詳細な情報や参考記事については、元のニュース記事をご覧ください。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です