中東の要約記事を毎分お届け配信中!

「もう一人のチャンが『子供たちのグランドスラム』で家族の伝説に加わる」

サイトを見る

マイケル・チャンの娘、ペティ・アスで活躍

フランスのタルブで開催されているペティ・アスで、マイケル・チャンの娘であるラニ・チャンが活躍しています。彼女の父は1986年にこの大会で優勝し、母も1997年に出場しています。ラニ・チャンは家族の「素晴らしい歴史」に新たな一ページを書いています。

父マイケル・チャンの感動

マイケル・チャンは、13歳の娘がフランス南西部のタルブで行われたセンターコートでの初戦を戦う様子を見守っていました。彼は感動を抑えながら、時折静かな拍手を送っていました。彼は「結果に関係なく、いつも彼女を誇りに思っています」と語りました。

ペティ・アスの名門大会

マイケル・チャンは17歳の時にローランギャロスで意外な勝利を収め、ペティ・アスの評判を高めました。この大会は12〜14歳のテニスの有望株にとっては必須の大会となっています。ラニ・チャンもその一人で、フランスの13歳のマルゴ・ブシェラゲムを破り、デビュー戦を勝利で飾りました。

父娘のコーチング

マイケル・チャンは現在、チャン・ファミリー財団というスポーツとキリスト教の価値を組み合わせたコミュニティ組織と、元世界ランキング4位で現在は349位の日本の錦織圭のコーチを務めています。彼は「彼らがまだ若い時には、楽しむこととスポーツへの情熱が非常に重要だと思います。そして、一生懸命取り組み、どこまで進めるかを見極めることが大切です」と語りました。

ラニ・チャンの夢

ラニ・チャンは「グランドスラム」を勝ちたいという夢を持っています。彼女は父とのトレーニングを楽しんでおり、「彼は素晴らしい父親です。彼が私のコーチであることで、私の限界を理解してくれます。私を追い込む時と休息を取る時を知っています」と語りました。

次の試合へ

ラニ・チャンはダブルスで勝利し、シングルスの2回戦は水曜日に行われます。チャン家族だけでなく、ロシアの元世界ランキング1位であるエフゲニー・カフェルニコフの甥もこの大会に参加しています。

これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です(画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です